腸内環境を整える発酵食品、ヨーグルトメーカーで人気の玄米甘酒を作る

スポンサーリンク

我が家の栄養ドリンクといえば、甘酒!ここ数年、注目されている健康食品のひとつでもありますよね。
甘酒は“飲む点滴”とよばれるくらい体にいい養価素が含まれています。
点滴の成分は、ブドウ糖溶液・ビタミン溶液・アミノ酸溶液で、甘酒に含まれる栄養成分とほとんど一緒なんですって。甘酒=冬のイメージが強いのですが甘酒が古くから夏バテの予防・改善に活用されていて、じつは冬ではなくて夏の季語になっているのも、こうした由来があるようです。昔の人ってほんとにすごいですよね。

甘酒は酒粕と米麹で作る方法がありますが、うちではノンアルコールで栄養分も高いといわれている米麹甘酒をよく作ります。
ヨーグルトメーカーを購入する前は魔法瓶で作っていたので温度管理などが面倒で・・・酒粕甘酒ばかり作っていたんですけど、ヨーグルトメーカーを購入してからはとても簡単に美味しい甘酒ができるようになったので米麹甘酒ばかりになりました。
ヨーグルトメーカーだとスイッチを入れるだけ!失敗なくラクに美味しく甘酒が作れるのでほんとうに便利なんですよ。


準備するもの玄米
作り方を紹介しますね。準備するものは玄米。
先ず玄米粥を炊きます。わたしは玄米1カップに水700ccで
圧力鍋を使って玄米粥を作ります。


それから米麹1袋200gを使います
米麹をほぐします
米麹はほぐしてパラパラにしておきましょう。
これがけっこう好きな作業
玄米粥がさめたら麹を入れる
お粥が冷めたら米麹を混ぜます
ヨーグルトメーカーで甘酒を作る
で、ヨーグルトメーカーにお粥と米麹を混ぜたものを入れ
あとはスイッチを入れるだけ!ほんとに簡単です。
このヨーグルトメーカーは2980円で購入しました。
(ヨーグルトは作ったことがありません)
10時間後には玄米甘酒完成
10時間後、こんな感じで玄米甘酒の完成です
甘酒は消毒した瓶に入れ冷蔵庫に入れて保存。
甘酒で疲労回復
甘酒は白米でも作ってみましたが、玄米の方が甘さ控えめ。
甘酒におろし生姜を入れていただくとさっぱりしてさらに美味しいです。
まだやったことはありませんが、甘酒にはビタミンC,Aが不足しているので
果物とヨーグルトを加えミキサーでジュースにするといいそうですよ。
これからの季節にぴったりのレシピですよね。
ヨーグルトメーカーでまだヨーグルトを作ったことがないので、
甘酒と一緒に作ってみようと思います。
腸は第二の脳といわれるほど大事なところなので、こうした体にやさしい食品で
腸内環境を整えていきたいですよね。


最後までお読みいただきありがとうございます。
やさしいおやつ=うずたまはにほんブログ村に参加しております。
下のボタンを押して頂けると励みになります。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク